昔の印鑑

イメージ画像

日本人の生活には欠かせない印鑑ですが、そもそも印鑑はどこで生まれたのでしょうか?印鑑は実は中東生まれです。

はじめは簡単な作りで、粘土などに模様を写すスタンプのようなものでした。なんと、紀元前7000年ごろに生まれたという説もあります。簡単な模様のスタンプだったものが、だんだんと、複雑になり、認証などに使われ始めたようです。

日本には、中国から送られた「金印」と呼ばれるものが最初の印鑑となります。
「漢委奴国王」と記してあり、諸説ありますが、当時の中国の王が日本にあった国からきた使いに渡したものだと言われています。歴史の授業で一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

【印鑑のおすすめサイト】
印鑑卸売市場は、高品質の印鑑や実印を卸売価格で作成し最短即日出荷!


当時の印鑑は、現代のものと違い、文字の部分を彫ったものが一般的でした。これを「陰刻」といいます。反対に現代のもののように文字の部分以外を彫ったものを「陽刻」といいます。当時は蝋や泥に押すのが一般的だったため、押したときに文字の部分が出るように陰刻が使われていました。陽刻が使われるようになるのは紙とインクが普及してからです。

みなさん何気なく印鑑と言っていますが、正しくは印鑑ではなく印章といいます。
昔、現代で言う印鑑証明のために、登録した印影を集めて束にした物のほうを印鑑と呼んでいました。それがだんだんと登録したはんこ自体も印鑑と呼ぶようになったのです。
そのため、どこかに登録されたもの、実印や銀行印などを特に印鑑と呼んで、他は印章と呼ぶなど、区別されています。



~ おすすめWEB情報 ~

<書類整理に最適>シャチハタ

朱肉のいらない認め印といえば、シャチハタネーム印。
定番のネーム印だけでなく自由なデザインで作れる別注品が最短翌日出荷!

シャチハタをお探しなら、専門通販店である【シャチハタ館】をご覧下さい。

このページの先頭へ