風水で考える印鑑

イメージ画像

日本で生活していくうえで、印鑑が重要な役割を果たしているのは言うまでもありません。
特に人生の節目には、必ずと言っていいほど印鑑が必要になります。
結婚や離婚の届けはもちろん、誕生、死亡の届けにも印鑑は不可欠です。
日常生活でも、履歴書にも捺印が必要ですし、手紙や荷物の受け渡しにも印鑑が必要です。

【印鑑作成なら印鑑卸売市場】
なんといっても、即日出荷が魅力!メーカーだからできるこの激安価格!

このように、少し思い返してみただけでも、印鑑は実に多くの場面で必要なものです。
そのため、風水の世界でも印鑑は重要視されています。
日本人の人生に大きくかかわり、書類の上でその人の代わりを務める印鑑の良し悪しで、その後の運命も大きく変わっていくと考えられています。
これを「印相学」といいます。
人の顔からその人の性格や運命を占う「人相学」や、手のひらのしわや様子から占う「手相学」、名前の画数で運の良し悪しを占うものなどは、耳にしたことがあると思います。
印鑑も名前が彫ってあるものですから、その延長と考えてみれば、一理あるかもしれませんね。

また、欠けた印鑑を使っている人にいい印象は受けないですから、そういった意味でも、印鑑の顔は、使う人の顔という考えかたも、納得できる部分はあります。
印鑑では現在一般的には使われない書体で文字を彫ることが多いので、風水的にもともとはあまりよくない画数の名前でも、よい画数で名前を彫ることが可能なのだそうです。

また、その人によって相性のよい素材があるようで、その素材で作られた印鑑を持っていることによって、運がよくなるのだそうです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦と言いますが、自分が納得して、お気に入りの印鑑を使うのはきっと気分が良いことですから、自分に相性の良い素材などを調べてみるのもいいかもしれませんね。

印鑑を通販する
http://www.accist.com/

このページの先頭へ